blog index

FLE'X キャンペーン情報

こんにちわ、新小岩のHair Relax FLE'X です。
毎回FLE’Xのお得な情報やスタッフの
近況報告をお届けします。
<< 私の髪、どうしてカサカサになっちゃうの? | main | 意外と気付かない自分の頭皮の臭い(泣) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ノンシリコンシャンプー
こんにちわ、新小岩美容室のFLE’Xです。

最近はドラッグストアーなどでもノンシリコンを謳うシャンプーを
すごいよく目にするようになってきましたねぇ
このノンシリコンシャンプー…皆さん理解してお使い頂いてますか?

という事で本日のテーマはノンシリコンシャンプーです。
ちょっと長くなりますが、最後までお付き合いを…

そもそもこのシリコーンって何が悪くて何が良いのか?
シリコーンオイルが入っているか、いないかで何が変わるのか?

シリコーンオイルはごくキメの細かい網目状の被膜を形成します。
このシリコン被膜が髪をコーティングして指通りを良くしてくれます。
しかしこのシリコン、撥水性が強く水をはじく特徴があります。
身近ではウォータープルーフのファンデーションや日焼け止めなどにも使われています。
撥水性が強い為、乾燥毛にもなりやすいです。
何だか洗ったのに髪にお化粧品が付いている感じですね(汗)

このコーティング被膜によりカラー剤の浸透やパーマのかかりなどにも
影響が出てきますので、美容師からしてみると天敵でもあります。
また医学的根拠はありませんが、この被膜が頭皮や皮膚の炎症を
起こすとも言われています。

でもでも、良い点もあるのです。
もともと髪は死滅細胞で出来ています。切っても痛くないのはその証拠。
タンパク質を中心とした成分で形成されていますが、1度痛んだ髪の毛は
どんなに良い商材を使っても元には戻りません。
だって、タンパク質の王様の卵だって、新鮮な生卵を加熱してゆで卵になったら
もう生卵には戻れないでしょ。
このシリコーンオイルはこのダメージを包み込んで、あたかも髪が甦った
感覚にしてくれると同時に被膜が髪を保護してくれます。

また市販シャンプーのほとんどが高級アルコール系や石油系の洗浄成分で
出来ているため、洗浄力が強すぎるのでシリコーンオイルでごまかしています。

だから、ノンシリコンシャンプーが良い…とも言えません(泣)

先ほどシリコンが高い洗浄成分で髪がギシギシになるのを抑えると言いましたが
市販シャンプーのほとんどは、ただノンシリコンになっただけで
洗浄成分は変わらないのが現実です。
今お使いのシャンプーの裏側の成分表示をご覧下さい。
この成分表は多く入っているもの順に記載する法律があります。
よって当然一番始めに水となっていますよね?
次に洗浄成分が出てきますが、この表示に例えば
○○○硫酸やウラレス○○○の記載がある場合は、そのシャンプーは
合成界面活性剤=石油系で出来ている事になります。
食器用洗剤で洗っているのと変わりませんね(恐)

ノンシリコンになっただけで高い洗浄力を維持するシャンプーを使い続けると
逆にキューティクルは剥がれ、適度な油分もなくなり、栄養分まで洗い流され…
怖すぎます。
先ほど某ドラッグストアーに行ってみましたが、どのノンシリコンシャンプーも
コレに該当です(泣)

髪に良く地肌にも良いシャンプーってどんな感じ?

もちろんノンシリコンシャンプーであり、洗浄成分が弱酸性の
アミノ酸系シャンプーです。
ノンシリコンアミノ酸系シャンプーはそんなに安くはありません。
成分表示が水の次にココイル○○○や○○○ベタインやココアンホ○○○など
両性界面活性剤が洗浄剤として使われているシャンプーです。
アミノ酸系シャンプーは適度な髪油分を残しつつ、日常の髪付着物は
しっかり落としてくれます。

私たち美容師は髪のプロですが、皆さんにお願いがあります。
腕の良い板前さんも新鮮なお魚あっての腕です。
痛んだお魚で美味しいお刺身はどんなに熟練の板前さんでも無理です。
美容師にとってもお客様の髪は腕を振るう素材そのもの。
新鮮で痛んでない方が技術を存分に発揮できます。

メディアの流す曖昧で間違った知識で、ご自身の宝である髪を
痛めるのはもうやめましょう。

このFLE’Xからの願いが少しでも皆様に届きますように。。。

| FLE'X | - | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:43 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.flex-japan.net/trackback/1252905
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ